賭博・競輪、競馬や競艇で債務を作ってしまって暮らしがきつい債務苦

賭博・競輪、競馬や競艇で債務を作ってしまって暮らしがきつい債務苦

公営賭けで借り入れを抱えて仕舞うヒトはたくさんいます。その代表的な雑貨としては、競馬であり、次に多いのが競艇だ。

 

競艇は6艇のボートで着順を予想する競技であり、公営競技の中でも、やはり当選確率が高い賭博でもあります。
競艇でマキシマム当選%が小さい3連単(1〜3着の着順をランキングどおりに予想する)も120分の1となっております。
競馬の3連単は、約4000分の1ですので、その数は40ダブル程度となっております。

 

また、競艇は他の競技と違い、津々浦々24地点の競艇スポットのどこかで、それほど毎日実施されているのです。日帰りの賭けは12賭けあります。
掛け金もはじめ口100円と、見た目して小口に見える結果、手軽に参加できるという思われがちですが、毎日100円x12賭けづつ掛けてしまうと、月収3万円近くのお金が失われます。

 

また、競艇で借り入れを通じてしまってあるヒトは、ムキになって1回の賭けに何千円も何万円も掛けてしまう。
その為、競艇で負けているヒトは、月に枚数万円では済まない位の稼ぎを失っていらっしゃる。

 

競艇とか、公営競技の勝券の給料で生活している自分いわゆる「上級」と言われているのは、ほんの極わずかだけであり、基本的には誤るようになっています。
借り入れしてまで賭博をするのは、間違った所見だ。悔い改めて、賭博で作ってしまった借り入れは仕事をしながら返していくようにください。

 

麻雀をそばや側という賭けて生活が苦しくて借り入れ・・

 

麻雀で借り入れを作ってしまった人のおしゃべりを耳にする事がありますが
そもそも麻雀でお金を掛ける事は、ルールでは認められておりません。

 

麻雀自身に非合法性は何もありませんが、お金を掛けて立ち向かう麻雀は非合法だという事になります。

 

ただし、賭け麻雀をするのは、だいたいは知り合い同士で吊り上げる場合が手広く、つまりは付き合いで行っていらっしゃるケースがあります。
よって、稼ぎを支払う身の回りももらう身の回りも、共に知り合い同士であり、負けてお金を払わないとなると、互いの人脈にヒビが入ります。

 

ところで、この場合、払う役目は法的にはどうなのかと言うと、支払う役目はなく、相手に手続きされたり借り入れ書を書かされていたとしても、賭け麻雀の負けた借入は支払う必要のない稼ぎだ。

 

麻雀に負けて受領を拒んで相手に訴えられても、法的には受領役目はありませんので、相手に負けた稼ぎを払えとせがまれても、負けた身の回りは受領を拒んも法的には何ら差し支えはありません。しかし、とっくに支払ってしまった稼ぎに対して、後々「賭け麻雀は非合法実施なので、払ったお金を返してほしい」と訴えたとしても、その稼ぎを法的に返還させる手法はありません。

 

詰まり
・賭け麻雀自体が非合法実施であり、受領を拒んで相手に訴えられても
 払う役目はない

 

・但し、受領を通じてしまっている場合、非合法実施だからといって
 弁済役目はない

 

麻雀でお金を掛けて行なうにはやめておいたほうが、その人にとってもプラスになるはずです。